浜松駅のボランティア

現在浜松市で募集しているボランティアはハンデのある人たちとの交流活動に関するものや、目の見えない人を対象とした点訳、文字や画像などを拡大して、目の悪い人たちでも見やすくする拡大写本、目の不自由な人のために本などを音声にしていく音訳、耳の不自由な人に相手の言葉や意思を伝える手話通訳などの活動が募集されていて、浜松市の福祉協議会ではこれらの活動に関して、市民からの質問に応じています。

また近年では少子高齢化が進んでいて、対策が必要になってきたことから福祉関連の活動も増えていて、少なくなってきた子供たちに地元の文化や昔ながらの遊びなどを伝えるという活動もあります。

これらの活動を通じて、ハンデのある人々でも同じ市民として生活することができることを示すということは非常に重要で世界的にも体にハンデのある人々や、性差別の撤廃などの傾向が強まっています。

これらの活動は普通の人とは違うということを個性として受け止めるために必要なものとなっています。